トップページ > 酒造り > 貯蔵

貯蔵というだけではこの工程に関して酒を寝かしているだけと思っている方がいるかもしれません。
貯蔵によりお酒の味はまた一段と変わってくるのです。

原料処理
麹づくり
酛仕込み
醪仕込み
搾り・滓引き
貯蔵
製品化
貯蔵タンク
■貯蔵タンク
斗瓶取り
■斗瓶取り
出荷時のビン詰めまでタンクで貯蔵します。
新酒の特徴である荒々しい風味が、貯蔵することにより熟成され、まろやかなこくに変わります。
ただ熟成すれば良いというものではなく、熟成しすぎると着色や雑味が多くなるので、貯蔵中は厳密な温度管理と丹念な成分検査、利き酒などの味、風味のチェック等も必要になります。

貯蔵するのはなにもタンクだけとは限らず、袋吊りなどで取られた最良の部分などで、その年一番の酒は、斗瓶(一斗(18リットル)入りの瓶) に入れ貯蔵されます。
貯蔵工程:清酒(原酒)→熟成