トップページ > 登録有形文化財紹介 > 梅美人酒造事務所
名称
梅美人酒造事務所

登録番号
38-0053

所在場所
愛媛県八幡浜市1557-2

構造、形式及び大きさ
木造2階建
瓦葺
建築面積142u

建設の年代又は時代
昭和6年
梅美人酒造事務所
梅美人酒造住宅主屋
梅美人酒造精米所
梅美人酒造釜場及び煙突
梅美人酒造醸造所
昭和40年までは、新酒が出来ると2階の座敷でお客様をお迎えして宴会が行われていました。洋風へのこだわりと和洋の調和が時代を反映しています。
事務所外観
■事務所外観
昭和八年に完成。淡い色調のタイル貼りの外壁を特徴とし、西洋歴史様式の影響を受けた建築、足元を見れば、腰までルステイカと呼ばれる粗い肌に割られた石が積まれています。
外観は鉄筋コンクリート造り、もしくは、洋風建築であるかの様な造りですが、中は完全な和室です。
2階は全国的にも珍しい左右対称の床の間で、32畳の和室となっており、6部屋すべてが廊下で囲まれています。
事務所2階部屋
■事務所2階部屋
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
登録証 ■登録証
※クリックすると拡大画像がご覧になれます。
見学についてのお問い合わせはこちらまで。