トップページ > 登録有形文化財紹介 > 梅美人酒造醸造場
名称
梅美人酒造醸造場

登録番号
38-0057

所在場所
愛媛県八幡浜市1557-2

構造、形式及び大きさ
木造2階建
瓦葺
建築面積767u

建設の年代又は時代
大正5年
梅美人酒造事務所
梅美人酒造住宅主屋
梅美人酒造精米所
梅美人酒造釜場及び煙突
梅美人酒造醸造所
創業時に作られた酒蔵、昭和初期製造の空調設備、貯蔵タンク、圧搾機等産業遺産として貴重なものも数多く、これらの設備の大半を現在も使って醸造を続けています。
醸造場外観
■醸造所外観
戦時中の特徴が残る蔵、迷彩色で白と黒に塗られた壁、今も残っています。
仕込蔵内部の2階北方に麹室がつくられ1Fに糟場に充てるとともに、創業時からの施設で醸造場の核となる建造物です。 醸造場内部
■醸造所内部
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
登録証
■登録証
※クリックすると拡大画像がご覧になれます。
見学についてのお問い合わせはこちらまで。