トップページ > 登録有形文化財紹介 > 梅美人酒造釜場及び煙突
名称
梅美人酒造釜場及び煙突

登録番号
38-0056

所在場所
愛媛県八幡浜市1557-2

構造、形式及び大きさ
木造平屋建
瓦葺
建築面積157u

建設の年代又は時代
昭和3年

梅美人酒造事務所
梅美人酒造住宅主屋
梅美人酒造精米所
梅美人酒造釜場及び煙突
梅美人酒造醸造所
かつて、この地域のランドマーク的存在でした。高さ23m、八幡浜港に向いて「ウメビジンホン店」と白いタイルで表し、広告塔の役割も兼ねていました。
釜場
■釜場
切妻造、桟瓦葺で、小屋組はキングポストトラスとし、換気用の越屋根を上げています。
昭和3年、昭和天皇即位の御大典を記念して造られました。
蒸米をつくる際に使用する石炭の煙を逃がすためのものです。高さは23mあります。
煙突
■煙突
※画像をクリックすると拡大画像がご覧になれます。
登録証
■登録証
※クリックすると拡大画像がご覧になれます。
見学についてのお問い合わせはこちらまで。